HOME > ハイドロキノンについて > ハイドロキノンの美白効果

シミのでき方

紫外線などの刺激から肌を守るために黒くしようとして作り出されるのがメラニン色素です。メラニン色素とは、チロキナーゼ酵素がアミノ酸のチロシンをメラニンに変化させたものです。
メラニン色素は通常ならば時間がたてば剥がれ落ちるのですが、加齢やストレスなどで新陳代謝が上手くできない状態の場合は、剥がれ落ちずに肌に沈着して残ってしまうのです。この沈着したものがシミなのです。

ハイドロキノンの優れた美白効果 

シミが出来ることに大きく関わっているのがチロキナーゼ酵素です。このチロキナーゼ酵素を抑制することが出来るのが「ハイドロキノン」という成分なのです。
同じような美白効果がある成分にはビタミンCやアルブチンなどがありますが、ハイドロキノンはそれら一般的な美白成分と比べて100倍もの効果があります。シミの予防だけではなく、出来てしまったシミにも効果がある優れた美白成分なのです。

このページのトップに戻る